ukoasis blog

UITableViewで最低限実装するdelegate method

Jan 10, 2015

設定画面などの実装する時に、特に凝ったことしないで、タップした時にこの挙動をするっていうのと、UI周りはstoryboardで全てやる。という作り方を最近してる。が、いつも面倒なのが、どのdelegate methodがいるんだっけ?と思いググるのがそろそろしんどいので、メモ代わりに書いた。

参考

http://qiita.com/himara2/items/26acf137af6b917234af

概要

  • Storyboard上でUITableViewとdatasourceとdelegateを繋ぐ。

  • delegateを宣言する

class ViewController: UIViewController,  UITableViewDelegate,  UITableViewDataSource {
  • 下記methodを実装する
    func tableView(tableView: UITableView!, numberOfRowsInSection section: Int) -> Int  {
    }

    func tableView(tableView: UITableView?, cellForRowAtIndexPath indexPath:NSIndexPath!) -> UITableViewCell! {
    }

    func tableView(tableView: UITableView?, didSelectRowAtIndexPath indexPath:NSIndexPath!) {
    }

最後に

UITableViewをサクッと使う場面が多いので、アレッ?どのメソッド必須だっけ?と思って、今まで何回ググってたんだろうかと・・ 今回、自分の中の手順としてまとめることが出来たので、今後はこれを元に利用していこうと思った。